FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2016/10/26
01:08:06
この世界で有名な方々と話す機会がたまにあります。

昔、ひとつだけこの世界に冷める一言がありました。

私の事をちょっと縄が上手いだったか、写真でだったか有名の様な紹介をさせていただき、本当に有名な方と話すことになり

「札幌のM女さん達を沢山ブイブイ言わせていってください」と去り際に…

違うなって思った。沢山をブイブイも、タイプによってはM女さんすらも



狭い世界に留まることなく


DSC_3312.jpg


気丈で


DSC_3332.jpg


常識的な人


DSC_3334.jpg


自立している人、自立を目指せる人


DSC_3342.jpg


そんな人を縛りたい


元々そう思う節があったのだけど、確信に変わった一言だった。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2015/06/27
18:03:48
DID系のサイトを久々に見て、感化されて少し真似もしてみた。


DSC_0462.jpg


DSC_0470.jpg


DSC_0451.jpg


DSC_0493.jpg


革の中の固定と密封された手にフェチを感じる

新しい発見かも知れない


DSC_0486.jpg


顎の関節が弱くて苦手と言っていた彼女、最近口を封じられる事に興奮する様になったと言う


DSC_0536.jpg


穴もなくて、いつもの物より呼吸しづらいだろう


DSC_0538.jpg


支配されている事の自覚か

抑制されせられた叫び、存分に聞かせてみんさい


DSC_0541.jpg






2015/05/23
00:03:59
身体を差し出すようにさせられたライン


DSC_9278_20150522235606cfa.jpg


脚を繋がれ地べたを這うしかない

見えないまま


DSC_9282.jpg


受け入れられるか?



心を開かないとMにはなれない事と、近いかも知れないと思った事柄があり

人を認める心を持たないと、いつまでも己の世界は広がらない

いらないプライドは

(・x・ノ)ノ⌒ポイッ

自戒も込めて…



2015/01/11
21:38:46
ペットプレイというものは守備範囲外だけど、拘束が面白そうなのでマネ事をしてみた


ペットプレイをググると、ペットは喋らない、指を使わない、恥らわない等の記述があった


四肢をたたむ

剥き出しの背中に鞭。単純に喜んでしまっている


DSC_2458.jpg


身体を支えるのは、肘と膝

これだけでも指の機能は失われている


DSC_2491.jpg


ひとつの苦手な事で表情が歪んでいるか


DSC_2487.jpg


それとも鞭で満身創痍か


DSC_2505.jpg


拘束を解いていってもへたり込む


DSC_2565.jpg


(苦手な事でもある)口の中にあったものを出してあげると

大げさとも言えるほど、息をつく


DSC_2574.jpg


息苦しさではなく、不自由さと言葉を発せない事による覚悟を与えているだけなのだけど


DSC_2580.jpg




2014/12/26
20:55:53
DSC_2413.jpg


DSC_2414.jpg


DSC_2415.jpg


DSC_2434.jpg


DSC_2440.jpg


DSC_2451.jpg





プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: