FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2016/06«│ 2016/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2016/07/24
03:00:07
ただ待っていても何も来ない


DSC_0912.jpg


死にたがったって何も残らない


DSC_0956.jpg


人に縛られて


DSC_0989.jpg


どこへでも、どこまでも着いて


DSC_1019_20160724015311e30.jpg


リードしてもらいたいのか


DSC_1058.jpg


連れられて…甘やかしもなく


DSC_1033.jpg


連れ添って、正しい答えが見つかると良い


DSC_1067.jpg


終着駅が後悔しない場所なら、本当に良いね



この撮影の後に、このテーマの元となったひと昔の映画「Dolls」を改めて観た。

若い頃に映画館で観た映画で、心を失って放浪の旅をしているシーンが印象的で頭にずっと残っていた。これを主従に憧れている人目線で表現できないかと。今回そんなテーマの撮影でした。

映画の内容は3組の男女の主人公が各々心残りになってしまった事を取り戻した矢先に、浄化されたように不慮の死を遂げていく。

不慮?ハッピーエンドなのか、そうじゃないのか考えさせられる作品だった。そんな風に見えていた。

Wikipediaで正解を覗いてみた。

それぞれの人生に希望を持とうとした刹那に死へ直面するという無情さを描いた作品であり、北野武監督は「これまで一番、最も暴力的な映画である」でした。

悔いが残るというのは、人の欲だったり考え方次第でもあるのかも知れない。

だいぶ余談でした。良い現実を…


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

22:07:20
DSC_9256.jpg


いくつかの自由を遮断した


DSC_9270_201607122142143a9.jpg


手を開くことも


DSC_9281.jpg


この場面、サディストの方が考える事はひとつかも知れない


DSC_9288.jpg


彼女にとって危機か?


DSC_9322.jpg


外界から離れて対話をしているような時間


DSC_9341_20160712214257d42.jpg


「転がって」


DSC_9351.jpg


DSC_9353.jpg


DSC_9377.jpg


DSC_9384.jpg


縄が軋む音、身体が転がる音、自らの鼻と口から漏れる呼吸音と


DSC_9390.jpg


シャッター音が聞こえている

その光景と心情を見守ってみる



21:23:24
「礼には礼を持って返す」と言うと聞こえが良すぎるかも知れないけど…

ここ2年もポートレートを含め私の我が儘撮影に付き合ってくれた彼女に、欲しがっていた物を撮影中にサプライズでプレゼントした。


遊び心のある縛り方もしていた


DSC_8059.jpg


DSC_8061.jpg


DSC_8112.jpg


DSC_8133.jpg


サプライズといえばの目隠しは、通常の揺さぶりの一環でもある

彼女がどこでアレと気付いたか知らないけど、当たり前のように少しずつカチカチと


DSC_8145.jpg


開かせていく


DSC_8121_20160704205324234.jpg


既に何かを訴えかけているけど、それは手に取るようにわかっている


ここで鞭を打てば、更に本当の声が聞けるかな


良い表情が引き出せるかな


返せない物はもらわない。我々は、そんな…距離感を保っている。

(でも少し打ってしまう距離感)


健全な方でしょ?(;´・ω・)えっ??



プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。