FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:58:47
ごくたまにしか書かない、いわゆる「日記」です。

非日常の様で、自分にはこんな週末が日常です。


土曜は、フェティッシュバー夜想曲で流しソーーメンのイベントデーでした。


DSC_2405.jpg


ソーーメンなイベントなので和服で来ている方が多く、普段着で行った自分は入店直後に大ブーイングを浴びる事に…

空気読めですねコノヤロー


早い時間にはエマさんもいた訳だが、入れ替わりでアサヒ女王様登場!

翌日のSMイベントでショーの出演があり、最終確認をしたいとの事。

「明日やる吊り方を、私が今やるから。そっくりのやり方で私を吊ってみてほしい!」という無茶ぶりに答える事に。

アサヒさんの方が遥かに経験豊富な訳だし、人の縛り方のマネって手間取る、戸惑う(*_*)

でも、親切な熱血指導でも有り、お勉強にもいい経験にもなりました。

その時点で見本挟んで、連続2縛だったのだけど…

続いて「流しソーーメン」に添えるオブジェ制作依頼が入る。休息を与えてくれないようだ(*_*)

でも女体をイスを括りつける程度なので、簡単に…


DSC_2407.jpg

女子の何かを摘まもうとしている女子


DSC_2427.jpg

よく考えたら、流しそうめんって初めてかも

取りくいし撮りにくい(^^;


続いて、縄の上手なヒデさんの縛りです。

ヒデさんも猿轡に目覚めていたようで、実は手拭いを使っています。


DSC_2428.jpg

縛り手込で写真撮る機会ってなかなかなかった


DSC_2437.jpg
DSC_2442.jpg
DSC_2449.jpg

オシャレに片足吊りが決まっていますよね(^^)b

発想は人それぞれで、無限大なり♪


この日は、カメラじゃなくムチを先に持ってしまい自分の縛りを撮ってるどころじゃありませんでしたm(__)m

どっちかになってしまいます。



翌日昼間にまず、写真を出展させていただく「アングラ展」のミーティングに行く。

(前日の服装の失敗を引きずっていたので、クソ暑いしジンベエで出かけていたが

どこへ行っても、逆に和服の人が少ないという間抜けぶりをいかんなく発揮)

予想以上に個性的な出展者の方々にお会いして、ウキウキしてしまうのは何故?

ま、楽しみになりました(^^)muhuhu


夕方からは、前日にも会っていたアサヒさんの出演も含むSMイベントへ

4組もの緊縛ショーってなかなかないし、バンドや笑えるパフォーマンスで盛りだくさん!

最近札幌では、こういうイベントが急に増えてきました。

しかも大入り!暑くるしいくらいです。


お客さんは久しぶりにどこかで会った方が多く、アングラの狭さを若干思い知る。

でもあの個性が多い雰囲気は好きだな。


アイドルユニットの一人の子が、まさかの緊縛を披露して、しかも縄を持つと表情が変わり上手い事にビックリ!

実は昔、夜想曲で縄を習った子だとか…この子までアングラなのね(^^;



二日連ちゃんで朝4時帰りなので、寝不足なうです。

みんな楽しかったよ♪
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kozy186.blog.fc2.com/tb.php/240-7dbb83d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: