FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:47:47
股は限界まで開かせ


CSC_2479.jpg


口にも咬ませる


CSC_2480.jpg


緩みを許さず、ギッチリと


CSC_2481.jpg


ここまで身体を晒す、縛りはなかなかないだろう


一般的ではない事だけど、一般的な女体盛りにはあまり萌えない。

自分がプロデュースするなら、こういう事で…

拘束有りきなら萌えるだろう


CSC_2478.jpg


今日も眠くなったのか?

身体を晒しているのに


CSC_2483.jpg


そのまま、おやすみ

(実際は蝋燭を手にしていた自分でした)


CSC_2482.jpg




(余談)

これ実は、股関節と肩に負担があった為、解いて立てるまで時間かかりました。

「股関節、あ痛たた」程度でしたが


25の頃、初めてのSMパートナーで「縛られたまま寝たいから縛って」とお願いする娘がいた。

私「絶対、肩の関節痛めるからダメ」

「縛って」→「ダメ」

お互い頑固で、この攻防で喧嘩に発展した。

という喧嘩の件は置いといて

長時間の負担の大きい緊縛のリスクは何故か、この頃から知っていて慎重だった。

そのまま寝るなんてねぇ。怖いよねぇ
スポンサーサイト
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kozy186.blog.fc2.com/tb.php/243-ce59f55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。