FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/08/17
02:17:46
初対面で縛った時の事。


平吊りから降ろして、縄を解こうとした時

彼女はなんとか口を開き、か細いかすれた声で「こうじさん、もう解くの?」

顔を覗くと、艶やかな表情でなんとかこちらを見ている。

目もなんとか開いている程度だ

縄に溺れかけているような雰囲気

「吊り方変えるか少し待ってね」


DSC_2674.jpg


間をあまり開けない様、縄を一本だけで足の拘束感を与える


DSC_2676.jpg


足首と腰縄を残して逆さ吊りへ


DSC_2679.jpg


拘束感により脳内で海の中に溺れた様な彼女、現実でも腕の自由もなくもがく事も出来ない状況


DSC_2682.jpg


この事も「気持ちが良い」と言っていたが、頭に血が下がったからでもない

腕を伸ばせば地に手が届く距離でも

縛った私に全てを委ねる事しか出来ない

でも、委ねたくないとしたら、彼女は「溺れ」から覚めただろう


DSC_2684.jpg


降ろしてもなお

彼女は暗い深海にゆっくり沈んでいった


DSC_2695.jpg


美しい艶を出しながら…




沈みすぎて…解いても暫らく自分で立てなくなった。

こういう事は初めてではないけど、ここまでは初めて。

縄との向き合い方が凄く純粋なんかな?と思った。
スポンサーサイト
[PR]



コメント
No title
縄が好きな女性、
さらに縄で感じる女性。。
そういう人と出会ったときは
なんともいえず感動してしまいます

ひで│URL│2013/08/17(Sat)08:37:11│ 編集
Re: No title
楽しいですね(^^)

飽きさせない様にもしないとですね…

こぅじ│URL│2013/08/18(Sun)16:16:11│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kozy186.blog.fc2.com/tb.php/254-58ed1c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。