FC2ブログ
koji's bondage photo gallery
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:00:54
プロの様に経験豊富でもないので、偉そうな事は語らないようにしていますが…

自分が緊縛において、一番重要だと思っている部分が腕の圧迫です。

拘束感という表現の方が好きですが、この圧が強すぎても痛い、弱すぎても物足りない。

ちょうど良い圧が、腕に抱かれている様な心地よさや安心感につながります。

縛りに全く興味がなかった方でも、この感触にハマる方は多いです。


締めすぎると危険なので、手首は緩めに縛る人も多いかと思いますが、手首も適度に圧がある方が気持ちが入る方もいます。

この部分は個人的な意見です。


DSC_4799.jpg


胸下から首、背中まで繋がっている飾りの縄は、少し変わったやり方で


DSC_4804.jpg


自分が勝手に師匠と思っている命羅さん発案の縛り方です。

「こうちゃん、これ、広めよう」という可愛い師匠

身体のラインを美しく彩るので、僕も好きです。


DSC_4827.jpg


後手に拘る理由は、何度か言っているかもしれませんが、身体を曝け出して縛り手に全てを預けるという心情に持っていく為でもあり、腕の圧を与える為でもあります。

何にしても信頼関係は必要です。


DSC_4811.jpg


緊縛=痛そう。怖そうという声を聞くので、今日はこの様な事を書いてみましたm(__)m
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント
ナイス!
あははっ。本当に広がればいいのにね(*^.^*)
最近忙しくなってきて、夜でかけてません。
が、一杯行きましょう。らぶ

命羅│URL│2013/11/29(Fri)00:54:46│ 編集
Re: ナイス!
緊縛自体の正しい認知も、世に広めたいですね(^^)早くまた会いたいです

こぅじ│URL│2013/12/02(Mon)16:55:54│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kozy186.blog.fc2.com/tb.php/296-54792e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

こぅじ

Author:こぅじ
札幌で緊縛写真の撮影、普通のポートレート、風景等を撮影して写真展に出展したりもしています。


緊縛写真を元に、一般の方の偏見を取り払って興味を持ってもらう事が目標で。自分の拘りを写真にして伝えられれば…と思っています。


尚、ここのブログに出している画像は、無断転載を一切禁止してます。


緊縛や写真撮影に興味のある方は、気軽に問い合わせください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。